元大手住宅メーカー社員が教える本当に良い新築・不動産・物件の探し方

本当に良い家はどういう家なのか、元大手住宅メーカー社員が教える建築業界の裏側を解説!

床断熱 断熱

おすすめの床断熱材は?種類とそれぞれのメリットとデメリット解説

投稿日:

 

おすすめの床断熱材は?種類とそれぞれのメリットとデメリット解

 

家族が快適な生活を長く送るためにも、マイホームの断熱性能は優先して検討する必要があるでしょう。
とくに関心が高いのは断熱材の種類ではないでしょうか?

 

断熱性能を適正に確保するには、連続した断熱層ですっぽりと覆うことが基本的な考え方であるため建物全体を総合的に考えないといけません。

 

 

今回は床断熱にフォーカスして、それぞれの床断熱材のメリットやデメリットと特徴を解説いたします。

 

 

またそれぞれの特徴をふまえたうえで、断熱性能の向上に適したおすすめの断熱材についてもご紹介したいと思います。

 

 

床断熱材の種類とメリット・デメリット

床断熱材は基本的に次の3種類があります。

 

・グラスウール
・ウレタンフォーム
・ポリスチレンフォーム

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

床断熱:グラスウールのメリットとデメリット

床断熱材がグラスウールの場合のメリット

 

グラスウールとは、住宅の壁断熱でよく使われているガラス繊維を綿状にしたようなもので、見たことある人も多いかと思います。

グラスウールのメリットを簡単にまとめますと下記の3点です。

・材料コストが安い
・加工性がよい
・燃えにくい

グラスウールの最大の特徴といえば材料コストが安いことです。

 

価格は床断熱材の中で最安です。

 

また柔らかい素材であるため、曲げたりカットしたりなど自由に加工できるので、手間費も安く済みます。

さらに防火性に優れるてるので、燃えにくいというのもメリットです。

 

床断熱材がグラスウールの場合のデメリット

 

グラスウールのデメリットは下記の2点です。

 

・湿気に弱い
・欠損が生じやすい

 

グラスウールは、ガラス繊維でつくる無数の空気層が熱移動を抑制することで断熱性能を発揮します、つまり簡単に言いますと空気で熱の移動を弱くしているわけですが、濡れると空気層まで水分を含むため断熱性能が著しく低下し、ほとんど機能しなくなります。

 

また充填する場所よりもサイズが小さい場合や、グラスウールは曲がりやすいので自重で脱落しやすく、落下してしまった場合は断熱の意味がなくなっていまう場合などで隙間が生じ、断熱欠損となって熱を逃がしてしまう可能性があるのがデメリットになります。

 

 

床断熱材:ウレタンフォームのメリットとデメリット

 

床断熱材がウレタンフォームの場合のメリット

 

ウレタンフォームとは、吹付をする断熱材で、吹いた瞬間泡が空気を吸ってモコモコと膨らんでくる断熱材です。

 

ウレタンフォームのメリットは下記の2点です。

 

・熱伝導率がきわめて低い
・現場発泡は隙間なく施工できる

 

ウレタンフォームの大きな特徴は、ほかの断熱材と比較しても熱伝導率が低く、高い断熱性能を発揮できます。

 

なぜかといいますと吹付で断熱材を充填するため、隙間なくしっかり断熱することができるからです。

 

断熱性能は隙間の大きさで変わってきますので、現場発泡のウレタンフォームは、密着性もよく隙間のない高気密な断熱層の構築が可能です。

 

 

床断熱材がウレタンフォームの場合のデメリット

 

ウレタンフォームのデメリットは下記の3点です。

 

・燃えやすく、燃えると有毒ガスを発生させる
・シロアリに弱い
・コストが割高

 

ウレタンフォームは自然発火するものではありませんが、万が一の火事のときには燃えやすいため、火の勢いを高めてしまいます。

さらには有毒ガスを発生させるので、住宅で火災が起こった場合は生存するリスクが低くなってしまいます。

 

またウレタンフォームはシロアリの大好物で、シロアリに至る所を食べられてしまったらスカスカになってしまい断熱の意味がなくなります。

なのでウレタンフォームを施工する場合は適切なシロアリ対策が必要となります。

 

そしてもう一つ、どうしても作業が大変な為、手間のコストだったり材料コストが割高になる点も考慮が必要です。

 

 

床断熱材:ポリスチレンフォームのメリットとデメリット

床断熱材がスタイロフォームの場合のメリット

 

スタイロフォームは、発泡スチロールの断熱性能を極限まで高めたようなものです。

スタイロフォームのメリットは2点あります。

 

・水に強い
・加工性がよい

・シロアリに強い

 

 

ポリスチレンフォームは水に強く、濡れても性能低下につながることはありません。

また軽量で扱いやすく、簡単にカットできるなど加工性にも優れます。

 

最近では防蟻処理されたスタイロフォームが使われてることが多いので、シロアリに強いというのもメリットの一つです。

 

 

床断熱材がスタイロフォームの場合のデメリット

 

スタイロフォームのデメリットは下記の2点です。

 

・熱に弱い
・グラスウールよりコストが割高

 

ポリスチレンフォームも発泡ウレタンフォームと同じく熱に弱いです。

しかし発泡ウレタンフォームと違うところは、燃えても有害物質は発生しないところです。

 

それとスタイロフォームはグラスウールよりも断熱性能が良いため、その分コストも少し割高となっています。

30坪の木造二階建ての戸建てで、約2万円くらいは変わってくるかと思います。

 

 

結局どの床断熱材がいいの?

 

それぞれの床断熱材のメリットとデメリットをご紹介しましたが、結局どの断熱材がいいのかわからないですよね。

 

安心してくださいちゃんとご説明します。

 

結論から言いますと。。。

 

 

床断熱材はスタイロフォームがおススメです。

 

 

正直木造二階建ての戸建てはスタイロフォーム一択になるかと思います。

 

 

なぜかといいますと、スタイロフォームは水に強いからです。

 

 

これだけ聞いてもわからないと思うので、詳しく解説していきます。

 

新築の戸建ての断熱材は、基本スタイロフォームかグラスウールどちらかの断熱材が使われています。

 

 

ウレタンフォームはリフォームするときに使うことがありますが、施工性が悪いのと、燃えると有害物質が発生するのであまり使われていないのが現状です。

 

では残ったグラスウールが価格が安くていいかと思いいますが、それは間違えです。

 

 

なぜかといいますと、新築工事を建てる時に床断熱材が濡れることが多いからです。

 

 

どうしても1階の床を作るときに、一緒に床断熱を入れるので、屋根まで完成させる間に雨が降られてしまうと、確実に床断熱材は濡れます。

 

 

グラスウールは特に水を吸水してしまうので、雨水を吸ったグラスウールの断熱性はほぼ意味がなくなります。

 

それどころか、グラスウールにずっと水分が残ったままで、床下は換気が少ないため乾きにくく、カビが発生してしまいます。

 

 

長年放置すると床が腐ることもあり得るので、床断熱がグラスウールの戸建てはできる限り避けたほうが良いです。

 

 

一か所での建売住宅をまとめ売りしてる場合は、施工会社が何社かいることが多く、施工会社によってグラスウールを使ったり、スタイロフォームを使ったりしています。

 

スタイロフォームのほうが断熱性能もよく、価格も高く、耐水性に優れているので、同じ建売を買うならスタイロフォームの家を買ったほうが良いです。

 

 

もしグラスウールの床断熱材を使った住宅を購入する場合は、床下点検口から床断熱が見えますので、実際に触ってみて湿っていないか必ず確認してください。

 

奥のほうもできる限り見ていただきたいですが、床下は狭くて、暗い上に入ると結構汚れてしまうので、なかなか行くことができません。

 

なので確認方法としては、スマホのライトでできる限り奥の方までのぞけるところまでのぞき、基礎の床が濡れてたり、水たまりができていたら要注意です。
完璧に隅々まで見たいという場合はホームインスペクションを頼めばいろいろとみてくれます。
ホームインスペクションもお金がかかるので、自分でやるとしたらカッパを着て潜れば汚れることがないのでおススメです。
以上が床断熱材のメリットデメリットのまとめになります。

-床断熱, 断熱

執筆者:

関連記事

床断熱材がスタイロフォームが良い理由を徹底解説

床断熱材がスタイロフォームが良い理由を徹底解説     近年、建設業界では断熱材への注目度が高まりを見せています。   断熱材を用いることで、快適な空調空間を実現できると …