元大手住宅メーカー社員が教える本当に良い新築・不動産・物件の探し方

本当に良い家はどういう家なのか、元大手住宅メーカー社員が教える建築業界の裏側を解説!

一戸建て 地震 建売住宅 新築

建売住宅は地震に弱い?地震に弱い住宅の6つのポイント解説

投稿日:

建売住宅は地震に弱い?地震に弱い住宅の6つのポイント解説

近年、大地震がいつ起きてもおかしくない世の中で、地震に強い家が求められています。

 

地震に強い家を知るのも重要ですが、地震に弱い住宅を知ることが自分の身を守ることができます。

 

新築住宅でも条件によっては自信に弱い家があります。

 

さらには建売住宅は地震に弱いなんて噂もあり、本当に地震に弱い住宅とは何なのかわからない方が多いかと思います。

 

ですので今回は地震に弱い住宅の特徴を徹底解説していきます。

 

 

①1階のほとんどがビルトインカーポート

写真のように1階のほとんどがビルトインカーポートになっている家は地震に弱いです。

 

建物にとって壁は重要な構造体であり、地震に耐えるには必要不可欠な存在です。

 

ビルトインカーポートにしても構造計算上は耐震基準を満たしていますが、計算上の話なので、やはり壁が四面ある家と比べると弱いです。

ビルトインカーポートの建物は狭小地が多く、基本三階建てになると思いますので、建物の荷重も平屋や2階建てに比べて基礎や1階の壁に荷重がかかりやすいため、地震に弱いです。

 

なのでビルトインカーポートでも、半分以上が室内になっていることが好ましいです。

室内になっていれば壁の量を増やすことができるため、地震に強くなります。

 

 

②サッシの開口が大きすぎる・サッシが多い

サッシが多くて、さらに大きすぎるサッシがある家は地震に弱いです。

 

先ほど説明しました、ビルトインカーポートと同様に壁の面積が単純に減り、サッシ部分は開口という扱いになるため開口が大きければ大きいほど他の壁に荷重が行くため、荷重がかかった壁は座屈(曲がって折れることです)しやすく地震による倒壊のリスクは上がります。

 

バランスよく窓がそれぞれも面に配置されていればいいですが、販売者としてはどうしても建物を良く見せようとして、建物が見える正面にインパクトをつけることが多いため、大きい掃き出し窓を1,2階正面にもって来たりとか、大きい出窓をがっつり出している建物とか、かっこよく見せるため連窓を多く設けたりとか、それぞれメーカーによって異なりますが、意匠を意識してサッシを正面に持ってくることは多いです。

 

それと南面はどうしても日当たりが良いためサッシが多くなりやすく、北面ほとんど日が当たらないためサッシが少ないというのは多いです。

 

なのでサッシのバランスが良い物件を探しましょう。

 

地震に弱いサッシの大きさや配置の建物のポイントとしては

 

・掃き出し窓が天井まである

・壁の8割以上がサッシになっている

・掃き出しサッシがLDKで2つに分けられておらず、一つで大きく取られている

・サッシが1面に10個以上ある

・換気のため北面までもサッシが多くある

 

上記に多くあてはまるものは地震に弱い建物ですので注意が必要です。

 

 

③バランスが悪く・形がデコボコの家

建物がデコボコしていて壁が1,2階で通っていない建物も地震には不利です。

 

例えばバルコニーがオーバーハング(飛び出ている)している家はよく見かけますが、バルコニー程度でしたら問題はありませんが、デザイナーズ系の建物に多いのですが、建物自体がオーバーハングしている物件も結構あります。

 

単純に部屋が飛び出しているので、荷重はオーバーハングしている方に偏りやすくなっています。

 

500㎝未満のオーバーハングでしたら問題ありませんが、1m超えると構造計算上無理していることが多いので、地震には弱くなります。

 

他にも土地の関係でしょうがない所もあるのですが、建物の形が真四角ではなく、テトリスのようなデコボコした配置をしている家も危険です。

 

建物の壁は1面通した方が確実に地震には強いので、1m間隔ででっこみ引っ込みがある家は、その分変なところに荷重がかかり、荷重が赤ったところから壊れていきますので、基本的に真四角な家は地震に一番に対しては有効です。

 

CMとかでも見てわかる通り、耐震実験を行っているのは真四角な家ですよね?

 

つまりでこぼこの家を作っておきながら、真四角な家で実験しているのは、地震に強い真四角な家を採用することで、地震に強いと証明したいからです。

 

はたしてデコボコナな家で実験したらどうなるのか不思議でしょうがありません。

 

なのでできる限りオーバーハングしていなく、建物はシンプルな見た目になってしまいますが真四角な家のほうが地震に強いです。

 

④大きな吹き抜けがある家

 

リビングに大きい吹き抜けがある家っておしゃれで開放感もあって憧れますよね。

 

開放感もあってあくるくなる反面、地震には弱くなります。

 

本来であれば床があり、その床の上に壁を建てることができるのですが、吹き抜けがあると床を組まないし壁も立てられません。

 

ツーバイフォー工法は特に吹き抜けを作る際には、バルーン壁と言って壁を延長して作る必要があります。

1・2階を通して一体の壁を作ることができないため、どうしても壁を数個に分けてつなげていく形になってしまいます。

 

こうした繋げた壁は、繋げた部分が折れやすいため、地震には弱くなってしまいます。

 

4畳くらいの吹き抜けだったらそこまで影響はありませんが、リビング丸ごと大きい吹き抜けになっていると構造上吹き抜けの壁に荷重がすごくかかってしまっているのでリビング全体に吹き抜けがある家は注意が必要です。

 

 

⑤屋根が重い建物(特に瓦屋根)

 

建物の屋根は重くなればなるほど地震に弱くなります。

 

瓦屋根は風情があって、日本の屋根という感じで、古き良きを感じられる屋根材です。

 

しかし瓦屋根は、1枚1枚が重く、屋根自体の重さが増えてしまいます。

何でもそうですけど、頭でっかちのものってバランスが悪いですよね。

 

建物も同じで、できるか限り屋根を軽くした方が地震には強くなります。

 

最近ではセメントなどでできたスレートという素材の屋根が多く、このスレートは1㎡あたりの重さが約20㎏と言われています。

 

対して瓦屋根は、1㎡あたりの重さが60㎏とされていて、スレートの3倍の重さがあります。

 

屋根の重量があればあるほど揺れやすくなってしまうので、地震には弱くなるのは仕方ないことです。

 

しかし瓦屋根にもメリットがあり、焼き固められた瓦は耐久性に優れています。

 

そして断熱性能も優れていて、高温多湿の気候である日本は湿気が天敵ですが、瓦を施工した隙間から風が通ることで湿気の対策にもなります。

さらに、瓦は厚みがあるため雨音に対して他の素材より防音効果もあります。

 

 

これを聞くと瓦屋根が良いと思うけど、地震に弱くなるのは嫌だと矛盾が発生してしまいますよね。

 

実は近年、この瓦屋根に革命的なことが起きています。

 

浅草の浅草寺五重塔にも改修で使われたチタン素材の瓦屋根が使われました。

 

チタンは半永久的といわれているほど強度が優れているうえに、一般的な瓦屋根の20分の1の重さと言われていて耐震性にも期待されています。

 

ネックなのはコストが普通の瓦屋根の倍以上かかっってしまうので、まだまだ普及は難しいですが候補の一つとして覚えておいて損はないかと思います。

 

 

上記の5つが地震に弱い建物の特徴でした。

 

近年大地震が不安視されているので、地震に強い家を考えることは重要です。

いろいろ見てみて自分が納得する物件を見てみてください。

 

-一戸建て, 地震, 建売住宅, 新築

執筆者:

関連記事

建売住宅で後悔する10つの失敗例と失敗しないための注意点解説!!

建売住宅で後悔する10つの失敗例と失敗しないための注意点解説!!   建売住宅は安く購入できるのが最大のメリットですよね。 しかし、実際に建売住宅を買ってみたらこんなはずじゃなかった!!と後 …

フローリングの種類一覧!それぞれのメリットとデメリット解説

フローリングの種類一覧!それぞれのメリットとデメリット解説   住宅で最も触れる部分がフロアです。   常にフロアの上を歩くわけですから、フロアの種類と特徴を知っておいて損はないと …

【新築一戸建て】建売住宅を購入するときの注意点解説!

【新築一戸建て】建売住宅を購入するときの注意点解説!     新築一戸建てはだれしも憧れですよね。   せっかくならより良い新築一戸建てを購入したいと思うのは当然です。 …

新築住宅を買ってからよくあるトラブルのQ&A

新築住宅を買ってからよくあるトラブルのQ&A 今回は、新築住宅を買ったけど住んでいたら欠陥住宅なんじゃないか!?   と思えることがよくありますよね。   サッシが明けにく …

床断熱材がスタイロフォームが良い理由を徹底解説

床断熱材がスタイロフォームが良い理由を徹底解説     近年、建設業界では断熱材への注目度が高まりを見せています。   断熱材を用いることで、快適な空調空間を実現できると …